もずく情報

とっても簡単!もずくの塩抜き方法

投稿日:

もずくの収穫時期は年に一度。

3月から5月ごろがピークとなります。

スーパーなどでは一年中“もずく”が並んでいますが

実はあのもずく達は収穫期に収穫してきたもずくを

一旦“塩漬け”にして冷蔵保存し、必要な分だけ塩抜きして販売されているのです。

収穫してきたもずくに定量の塩をいれ、機械で撹拌し数日間タンクで寝かしてからプラスチックの一斗缶に入れていくのが一般的です。

塩の量が多いものは常温保存が可能で沖縄の空港やお土産店などで常温で販売されている塩漬けもずくは塩が多めに入っており、塩抜きにやや時間のかかるもずくです。

冷蔵で販売されている塩漬けもずくは塩の量が少なく、塩抜きも比較的簡単に行えます。(塩がきついともずくが溶けてしまう為、冷蔵販売されているもずくの方が生のもずくに近いです!)

ネット販売でもずくを購入する際には、常温か冷蔵か是非チェックしてから購入しましょう♪

さて、塩漬けもずくを購入してきたら『塩抜き』が必要となります。今回は簡単な塩抜き方法を画像と共にご紹介いたします。

STEP1

塩漬もずくとボールを準備します。

STEP2

召し上がる分量のもずくをボールに入れ、たっぷりと水を注ぎます。

もずくの塩抜き方法

STEP3

十分に水に浸った状態のもずくに塩を入れ、20分から30分置きます。
※1Lの水に対し、大さじ1杯の塩をいれることで塩抜きが簡単にできます。

もずくの塩抜き方法

STEP4

塩抜き後、軽く水で流してください。(ぬめりは残します)少量試食して塩辛くなければ塩抜き完了です。

完成

塩抜き後は冷蔵庫に保管し、早めにお召し上がりください。

もずくの塩抜き

 

慣れたらとっても簡単ですので、是非“塩漬け”もずくを自宅で塩抜きをして美味しい状態でもずくを食してみてくださいね(^^)

塩漬もずくはこちら(もずく本舗)で販売しています。







-もずく情報
-

関連記事

もずくの語源!藻に付く!?

もずくの語源について調べてみました。 天然のもずくは、海中の石や珊瑚、海藻に付着して生息しています。 そのうち海藻(も)につくことから 「藻に付く」という意味で、 「藻付く」から 「もずく」と呼ばれる …

もずくの種類

モズクは大きく3種類に分けられます。それぞれモズク科かナガマツモ科に属します。 ・イトモズク モズク科に属し、北陸以南の各地の沿岸で海藻の一種ホンダワラ類に付着し自生しています。細い繊維の表面にぬめり …