もずく情報

もずくの種類

投稿日:2017年6月13日 更新日:

モズクは大きく3種類に分けられます。それぞれモズク科かナガマツモ科に属します。

・イトモズク
モズク科に属し、北陸以南の各地の沿岸で海藻の一種ホンダワラ類に付着し自生しています。細い繊維の表面にぬめりがあります。

・フトモズク
ナガマツモ科に属するモズクで、オキナワモズクなどの総称です。奄美大島や沖縄沿岸の特産品です。
太い繊維の中心には空洞があり、ネバネバ成分が詰まっています。海藻ではなく海底の石などに付着します。

・イシモズク
ナガマツモ科に属し、日本海沿岸に分布しています。イシに張り付いて育つことからイシモズクと名付けられました。
ぬめりが少なくシャキッとした歯ごたえが特徴で、食べると磯の香りが広がります。







-もずく情報
-

関連記事

もずくの語源!藻に付く!?

もずくの語源について調べてみました。 天然のもずくは、海中の石や珊瑚、海藻に付着して生息しています。 そのうち海藻(も)につくことから 「藻に付く」という意味で、 「藻付く」から 「もずく」と呼ばれる …